2009/10/21(水) エコテクノ2009 石炭等化石資源高度利用中核人材育成セミナー

日 時: 2009年10月21日(水) 13:00-17:35
会 場: 西日本総合展示場AIMビル3階 311会議室
      (北九州市 小倉駅北口より徒歩5分)
参加費:セミナー無料、交流会2,000円/人
主 催: 九州大学、経済産業省九州経済産業局
共 催: (独)科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ福岡、
     国公私立大コンソーシアム・福岡
後 援: (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(財)石炭エネルギーセンター

今日、石炭等化石資源は、経済発展を支える重要なエネルギー源である一方、地球環境問題等への対応を踏まえ、環境に配慮した高効率の利用が求められています。こうした中、石炭等化石資源の利用技術や研究の蓄積がある日本は、世界(特にアジア)を先導する立場にあり、産学官が協力しながら石炭等化石資源の高度利用をさらに進めていく必要があります。  このような背景を踏まえ、九州大学では、石炭等化石資源に係る人材育成に取り組んでおり、この度、「石炭等化石資源高度利用中核人材育成セミナー」を開催します。  セミナーでは、エネルギー環境分野における課題解決に向けた大学、企業の取り組み、我が国の石炭政策の方向性、国内外の石炭の高度利用技術(クリーン・コール・テクノロジー)の現状などをご紹介します。

プログラム

13:00-13:05 開会
経済産業省 九州経済産業局 資源エネルギー環境次長 古賀博三

13:05-13:45 低炭素社会に向けた九州大学の取り組み
九州大学 副学長 永島英夫

13:45-14:25 地球温暖化と資源制約下におけるCCT政策 ~我が国の新たなクリーンコール政策の方向~
経済産業省資源エネルギー庁 石炭課課長補佐 伊藤 浩

14:25-15:05 日本の石炭産業の活性化 -日本のクリーンコール技術が低炭素社会実現と産業活性化のドライビングフォースになる-
(財)石炭エネルギーセンター 会長 中垣喜彦

15:05-15:30 休 憩

15:30-16:10 地球温暖化問題の最近の動向
(財)貿易研修センター 理事長 塚本 弘

16:10-16:50 九州電力における地球温暖化対策
九州電力(株) 執行役員環境部長 西村正幸

16:50-17:30 海外におけるCCTの現状
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO) 理事 和坂貞雄

17:30-17:35 閉会
九州大学 炭素資源国際教育研究センター長 寺岡靖剛

18:00-19:15 交流会 講演者とセミナー参加者との交流会
場所:AIMビル2階 レストラン「Flamingo Cafe」
会費:2,000円/人

セミナープログラム(プログラム0.8MB pdf

関連リンク

エコテクノ2009 地球環境・新エネルギー技術展&セミナー
http://www.eco-t.net/
セミナー参加申し込みフォーム
http://www.eco-t.net/fms/?form_id=16

経済産業省 九州経済産業局
http://www.kyushu.meti.go.jp/

(独)科学技術振興機構 JSTイノベーションプラザ福岡
http://www.fukuoka.jst-plaza.jp/

国公私立大コンソーシアム・福岡
http://www.consortium-fukuoka.jp/

(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構
http://www.nedo.go.jp/

(財)石炭エネルギーセンター
http://www.jcoal.or.jp/